PAGE TOP

蟹(ズワイガニ)を訳アリ詐欺にあわずに賢く買う方法とは?

蟹(ズワイガニ)を訳アリ詐欺にあわずに賢く買う方法とは?
TOPPAGE

蟹(ズワイガニ)の選び方

ズワイガニの選び方は、何が大事でしょうか。
実際ズワイガニを買っている方の多くは、全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て選んでいるかと思われます。大きさもさることながら、もっと重要なポイントを覚えておいてください。



かにの重みを調べていますか。
見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという痛い話を聞いたことがあるでしょう。重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。どうせ買うなら、より安いかにをと考えてわからなかった方も多いでしょう。

はずれがない方法としては、市場で交渉し、ある程度の量を買うと確実に安くなります。一般的には、小売店や百貨店よりもずっと安く買えるのでおすすめです。


また、市場に出向く時間がない方は、通販ならばかなり安く手に入りますよ。



昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思いますが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりすることも珍しくありませんでした。カタログなどでイメージしていた商品と実物とのギャップが原因となることがほとんどです。

あとは業者の対応に関することですね。よからぬ業者にひっかかり、損な取引を避けることができる最善の方法は周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りにいいと思ったお店を幾つか選びます。お財布が許せば、2つの会社から購入して食べ比べるのもいいでしょう。


ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。多くの方に好評のかにの食べ方として、何といっても焼きがには最高ですよ。自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。


おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。
理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

うま味が殻に残り、水分も含んだ状態で食べられます。

完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、色々な食べ方でかにを楽しみます。



例年ネットや広告や情報を総動員してみるものの、選ぶ範囲が広過ぎてもしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、そうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、なるべく美味しいものを失敗なく選べたらいいですよね。その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。

できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、良い買い物が出来るというわけです。


セコガニとはズワイガニの雌のことです。

地方により様々で、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。


一方、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、むしろ、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。
多くの方がかにの本場として挙げるのは、北陸地方が目立ちます。かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、有名な観光地の一つが粟津温泉で、かにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めて小規模な温泉地ですが、全国から観光客が湯治などに訪れます。
粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。

かにのシーズンにとれたてを味わいたい方は、満足して帰れることは確かです。中華料理は数あれど、中でも高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、上海蟹とは、元は中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。



また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。

そして、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、極上の味として貴重な一品です。

セイコガニ通販訳あり

かに通販の賢い使い方

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販はその充実に驚いてしまいます。

かに通販に初めて挑戦する方はどれにしようと迷うばかりで結局選べずに終わるのではないでしょうか。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも時間と手間の節約になります。

初心者でも後悔しない、値段と味のバランスが獲れた品は多くの人気ランキングで、確実に上位にがんばっているのです。



ネットで検索するとたくさんの業者が蟹通販をやっていますが、安心感で言うなら、楽天市場を利用すること。

これに尽きると思います。小さなサイトでは信用できないかもしれないですが、楽天なら、トラブルやリスクなどの危険を感じることもなく、安全に購入を進められるでしょう。

世の中に通販サイトは多くありますが、中でも楽天はそれだけユーザーが安心できる効果があるのです。


楽天市場に出品している業者との取引なら、他の通販ではありがちな商品不着などの可能性も実質ゼロといえるので安心してください。



蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹が挙げられます。
初めて聞いた方もいるでしょうか?ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。
ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。
夏から秋の時期にかけて美味しくなるとされているので、一度試してみてはいかがでしょうか。蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか。

通販のデメリットは、写真でしか商品を見ることができず、直接確認できないことです。


実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、試食して選ぶこともできます。


また、お店によって塩加減なども千差万別なので、好みに合う味付けの店を「行き付け」にすることもできます。

通販にはない利点です。手軽でお得な蟹通販のメリットは誰もが認めるところですが、一方、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。


蟹通販が一般的なものになった現在では、実店舗のグレードに劣らない蟹を買うことができます。便利な時代になりましたね。



しかし落とし穴もあります。


今や、蟹通販の業者は大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、良い業者と巡り合うのにもそれなりのコツが必要です。
新鮮で美味しい蟹を味わいたいなら、WEB通販に限った話ではありませんが、「産地直送」の業者を選ぶことが大事です。とにかく慎重に選ぶことです。業者の質により、味わいは大きく違うものになるのですから。

美味しい蟹を食べる方法

美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉地へ出向くという方法があります。


絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。蟹が獲れる場所からほど近いところにある温泉地であれば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。とはいえ、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹には時期があるので旬の時期を狙って行ってください。おもてなしなど、かにをご馳走したいとき、「かに 通販」でネット検索し、産地からの直接販売をぜひお試しください。

かにはどこで買っても同じだと思う方もいらっしゃるでしょうが、サイトを丹念に探せば、産地直送で、さらに掘り出し物のお値打ち価格のかにがひんぱんに売られており、きっと味も量もお得なかにが見つかるでしょう。ネット通販を試してみればお財布もお腹も満足できます。
蟹のブランドにも色々ありますが、多くの人が一番に思い浮かべるのはズワイガニではないでしょうか。

蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。


ズワイガニを一度味わってしまえば、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。一口にズワイガニといっても、産地ごとに様々な呼び名がありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。

タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、念のため、タグを確認することをお勧めします。

冷凍かにをまとめて購入するとかさばることもあり、解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、適当に解凍すると、かにのおいしさは損なわれるのでじっくり行ってください。

冷凍かにを最高の風味で味わうためにまず行ってほしいのは室内の解凍は厳禁でまずは冷蔵庫内で解凍するということです。冷蔵庫ならば水っぽくならずに解凍できるので、ぜひ心がけてください。
蟹通販が一般的なものになった現在では、色々なタイプの蟹を注文できます。

あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。でも、便利な反面、悩みの種もあります。


なにせ、蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、業者を選ぶのにも一苦労です。
どこで買ってもいいというものではありません。

新鮮な蟹を買うには、産地直送の業者を選びましょう。

そうすればハズレはありません。
選んだ業者の質によって、蟹を楽しめるかどうかが決まると言ってよいでしょう。